ベジママってなに?

ベジママとは、女性の身体を妊娠しやすいようにサポートするサプリメントです。これから妊活を始めようと思っている方、妊活しているけれどなかなか上手くいっていない方におすすめです。このサイトでは、インターネット上に沢山あるベジママの口コミをまとめ、検証する事でベジママの評判・効果をご紹介しています。ベジママをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

 

ベジママの効果があるのはどんな人?

これから妊活を始めようとしている人、または既に妊活を始めているけれども、なかなか上手くいかず悩んでいる・・。そんな方をサポートすべくベジママがありますが、実際のところベジママの効果が発揮しやすいのはどのようなシーンなのでしょうか。

 

まず始めに、既に妊娠をしている妊婦の方にとってベジママの効果はあまり見込めません。

妊活を補助するサプリには大きく分けて2種類あり、「葉酸サプリ」と「妊活サプリ」に分類されます。ベジママは妊活サプリで、これから妊娠しようと思っている方に向いています。一方、既に妊娠中の方であれば妊娠中に欠かせない栄養素である葉酸を補う目的で葉酸サプリを飲用するのが望ましいでしょう。というのも、ベジママにはピニトールやルイボスといった妊娠力を高める効果がある成分が含まれているからです。

 

 

つまり、ベジママは「これから妊活を始める方」、「妊娠できない方」、「不妊の可能性がある夫婦」に最も効果があるサプリメントであるといえます。ただ、ベジママは妊娠しやすい身体づくりを支えてますが、即効性はありません。あくまでもサプリなので継続して飲む事が何よりも大切です。思い立った時や体調の悪い時にだけ飲んで効果を発揮するような物ではありませんので、そのことを覚えていてください。

 

ベジママの特徴

ベジママの特徴のひとつとして他の葉酸サプリとは異なり、妊娠できなくて悩んでいる方ほど摂取する価値があるという事です。妊娠中に頻発する貧血予防に役立つ鉄分、カルシウムはベジママに配合されていないので、こういったケースにベジママはあまり効果を発揮しません。ベジママの主成分はピニトール、ルイボス、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB12といったものがあげられます。主な成分の効果をみてみると、ピニトールには血糖値を抑制し、排卵障害を予防する効果があります。ルイボスは抗酸化作用があり生殖機能の回復に役立ちます。葉酸は造血作用をもち着床力をあげるなど、妊娠に欠かせない成分が複数配合されています。特に、ベジママの特徴であるピニトールという成分は海外ではよく知られていて、既に不妊対策によく用いられています。

 

 

ベジママの安全性について

さて、ベジママにはピニトールが含まれているのが特徴とご説明しましたが、そんなピニトール、海外では既に流通してますが日本ではまだまだ知名度は低いのが現状です。ベジママに配合されているピニトールはアメリカ食品医薬品局に登録されている成分ですので、身体に悪影響を与えるような事はないのですが、聞き慣れない成分のため安全性の面で心配になる方も多いかと思います。ここではピニトールについて、詳しくご案内させて頂きます。ベジママに配合されているピニトールの原料は「アイスプラント」と呼ばれる、ミネラルやビタミンを豊富に含む野菜です。アイスプラントはピニトールを多く含んでおり食用としても利用されている、安全な植物です。ほかにも、ピニトールはルイボスや大豆などにも含まれています。更に、ベジママに使用されるアイスプラントは清潔な環境で植物工場で国内生産されています。もちろん、安全面でも徹底されているため、安心です。さらに、ベジママ自体も入荷から製造、出荷まで厳しい品質管理基準を満たしたGMP認定工場で製造されているので、ベジママを服用することで何か身体に悪影響を与えるという事はありません。サプリは直接口にするものですから、安全面は何よりも重要視したいですよね。しかも、妊活中という非常にデリケートな時期であればなおさらです。副作用の心配ももちろんありませんので、妊活中の方は安心してベジママを始めてみてください。

 

 

妊娠中にベジママを服用しない方が良い訳

ベジママに含まれているピニトールは血糖値を抑制し、排卵障害を予防する効果があるといいましたが、ホルモンに働く性質も併せもっています。妊娠中の女性は、女性ホルモンの分泌が普段の数10〜数100倍にまで増加します。安全面で問題がない範囲ではありますが、ベジママを飲むことでこの時期に女性ホルモンに影響を与える事は避けた方が極力望ましいという訳です。

 

 

ベジママは基礎体温にも効果がある?

これまでベジママの様々な効果について紹介してきましたが、妊娠には基礎体温が低い事も悪い影響を与えます。基礎体温が安定しない方は子宮の活動機能低下、卵巣機能および黄体機能の低下、排卵・着床障害、卵子の発育低下、子宮内膜症と言った症状がおこる可能性があります。しかし基礎体温が低くなりがちだったり、安定しない方にとっても、ベジママは強い味方になります。ベジママに配合されているルイボスという成分には、基礎体温を安定させる働きがあります。他にも、同じくベジママに配合されている亜鉛は卵胞、子宮内膜、受精卵の発育にも影響を与えます。亜鉛不足は不妊の原因につながりますが、この点もベジママはしっかりと不妊の原因になる要素を抑える事ができます。

 

 

ベジママをお得に購入する方法

現在、ベジママ公式ホームページでは50%OFF、さらに無期限の全額返金保証がついています。ここまで手厚いサポートを行うのは、自社製品に自信がある事のなによりもの証明ですよね。サプリは医薬品ではありませんので、効果はどうしても個人差がでてきてしますのですが、もし仮にベジママを試してみて合わなかった場合は初回から解約、返金をしてもらえますので、実質無料でベジママを購入できるチャンスがあります。

 

注意点として、これらのキャンペーンはベジママの公式販売ページから購入しなければ適用される事はありません。とはいえ、ベジママは市販されておらずAmazon、楽天といった通販ショップでも売られていないので、間違えることは無いかと思われます。

 

ベジママの返金保証を受けるには

ベジママを公式通販サイトで購入した方には全額返金保証がついてきますが、このキャンペーンを適用するにはいくつか条件があります。条件といっても、さほど難しいものでは無いのでご安心ください。

 

ベジママの返金保証を受ける為にはまず、公式通販サイトで購入する必要があります。そして購入の際には、定期コースでベジママを購入する必要があります。これを、ベジママ公式サイトでは「定期妊活プラン」と呼んでいます。定期購入だと、解約したくてもできなかったりするんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、問題ありません。

 

ベジママの定期妊活プランには解約に際しての制限はないので、いつでも解約をする事が出来ます。返金の期限というものも特に設けられていません。そのため、もしベジママを解約したくなったら、初回のベジママ受けとり〜2回目の商品発送日までに解約の連絡をすれば、商品代金が半額の2750円で試すことができ、なおかつ全額返金されますので実質無料でベジママを試す事が出来るという訳です。

 

更新日:

Copyright© ベジママの口コミを信じた35歳主婦の私がベジママの低評価に驚いた訳とは , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.